PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

一人にはしておけない「ちはやふる14巻感想」

ちはやふる14
意外な2人が表紙になってますが「ちはやふる」14巻感想ですー

あらすじ全国大会団体戦、決勝トーナメント。
各ブロック予選を勝ち上がった強豪8校がぶつかりあう
負けたら終わりの勝ち抜き戦。
そこには、千早たちが目に焼き付けた
クイーン位挑戦者決定戦の舞台を知る逢坂恵夢の姿も――。
“クイーン候補”率いる注目校の猛攻に、瑞沢高校かるた部は!?


ってことで14巻は13巻の続き全国大会の団体戦準決勝から決勝にかけてです
13巻の続きなので瑞沢VS明石第一女子
ちはやめぐむ
千早と恵夢タンとのエース対決からですね
前半はこの2人の勝負が中心になるのですが1コマごとにかわる2人の表情がいいです
やっぱ恵夢たんみたいな見た目は地味なのに内面は熱いみたいなのはすごく感情移入できる

この2人の先にいる
見ててなごみますわ
見ててなごみますわ
孤高の天才クィーンの若宮詩暢を、この2人だったら熱くさせられるのかなーとか思います
詩暢ちゃんにしてみたら現時点じゃ団体戦は仲良しごっこレベルなんですかね
この天才を千早達が引きずりおろす展開とか想像するだけで面白そうですねー

しのぶちゃんを
詩暢ちゃんを一人にはしておけない
千早と恵夢のすごくいい勝負なのに詩暢が見え隠れするのはしょうがないんでしょうか?
そして、この2人の勝負の行方は・・・・?
もうここまで来たらどっちが勝ちでもいい気がしてきたので結果はぜひコミックスを買っていただくとして

団体戦の結果としましては
机くん
机くん
机くんがどうしたのか?は置いておいて
とりあえず瑞沢高校が決勝進出です

決勝の相手は常勝富士崎高校
富士崎
北央の須藤さんが5人いる感じ
だったり
山城リオン
専任読手山城7段の孫がいたりと
すごいのですがーどうしてもキャラがぱっとしない人たちばっかりな気がします

孫が出場するといっても
専任読手
専任読手山城今日子7段の凄さばかりがめだってしまったりして
どっちが引き立て役かわからないですね

対戦相手ってだけ考えたら準決勝の明石第一女子の方が魅力的だった気がします

それもこれも
新
新が出てきたり

つまらん試合
詩暢ちゃんがでてきたり
どうしても団体戦決勝だけどその後の話が気になっちゃうので仕方ないのかもしれません

個人的には早く団体戦を終わらせて新・詩暢・・千早それと太一かな
そのあたりの話を進めてほしいのですがー
みんなで日本一
女子で日本一になるより みんなで日本一になるほうが絶対難しい
こんなこともあるし団体戦ひと悶着あるのですかね?


そんなこんなで14巻の感想ですが
正直言うと13巻の恵夢とやりあってたときの方が面白かったのは否めない
ただ14巻でクィーン戦だったり新・千早・太一の幼馴染の絡みとか
今後のフリだって考えれば重要な話ばっかりなのかもしれないですね
団体戦決勝の富士崎高校が異様にカルいのが凄くきになりますが・・・

ちょっと消化不良なところもあって早く先がみたいですねー
ちなみに15巻は12月13日発売予定です

人気ブログランキングへにほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村

| まんが | 21時04分 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2015/05/12 17:08 | |















非公開コメント

http://vipderenko.blog99.fc2.com/tb.php/402-f5b966c6

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。