PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

勝つも負けるもふたりでひとつ「はやて×ブレード14巻感想」

表紙
はやて×ブレード14巻の感想ですー

あらすじは
学園の存続を掛けた「天地ひつぎ・宮本静久ペアVS神門玲・祈紗枝ペア」の頂上戦の決着です
画像上がひつぎさんで下が玲で、玲ペアが勝つと天地学園は存続の危機にさらされます

この作者カラーで見ると丁寧な絵が際立つなー
女性の少女漫画家が少年漫画を描くみたいな珍しい漫画家さんですね

この表紙2人(家)の問題なので2人を中心に話は進んでいくのですが
裏表紙
この刃友(相方)の2人が更にめちゃくちゃいい味だしちゃいます

っていうのも表紙の2人が
凌ぐアホ
宮本を凌ぐアホだぞ
やら
天然だわ
あくまでも天然であって阿呆ではないわ
とかお互いの相方をアホだ天然だと舌戦を繰り広げてる間でも

この星は
裏表紙の2人は刃友ため、そして自分のために死闘を繰り広げてます
祈さんは隠してるっていっても2人とも馬鹿がつくくらい真面目ですので当然ですね

そうは言っても天地学園に集まる奴らは全員が良い意味での馬鹿ばっかりだったりして
祈さんと静久の地の星の決着がつくころには
また最初から
また最初からね静久

刃友は
勝つも負けるもふたりでひとつ

どっちも真剣になっちゃったりします
死闘
すぐ後に祈と宮本のいい場面あるんですが・・・

14巻も1話残しで
決着
決着は・・・・
上のと含めてぜひ購入して確認してみてください><


14巻全体通じてこの4人の戦いがほとんどなのですが、
昔の回想シーンやら神門家がなぜ学園を欲しがっているのかってのが細かくかかれてたり
他の生徒たちの心情や一体感が見れたりと単調にならずに飽きずに楽しめます

15巻からの新展開もすごくたのしみですねー
ちなみに15巻は11月18日特装版と一緒に発売予定です


最後に内容とはあまり関係ありませんが
今までモロ少女マンガっぽく描かれてた”ひつぎさん”をあまり好きになれなかったのですが

あらゆる手を
あらゆる手をもって粉砕して差し上げる
ラリアットからの流れですが指の形がハンセンのままw

絶対にイヤよ
絶対にイヤよ
この巻から好きになりました><
今までもこんなセリフはいっぱいあったんですが上から言ってただけなんですよねー
この巻で強さと弱さみせた上で言ったセリフは重みが違う
この人に静久が生きがいを感じる理由がわかります

それでは画像ばっかりになっちゃいましたが14巻の感想でしたー
確認しないで名前とか書いちゃったので訂正ありましたら教えてください><


人気ブログランキングへにほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村

| まんが | 01時51分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://vipderenko.blog99.fc2.com/tb.php/393-7606d1fd

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。